ED(勃起障害)を防ぐアルギニン

勃起不全は避けられない

ED(勃起障害)を防ぐアルギニン

おもに中高年に多くみられるED。EDは勃起不全とも呼ばれ、正常な勃起を促すことが
できなくなる症状です。

全く勃起ができなくなる重度の人もいれば、勃起はできるが、硬さや持続力に問題が
ある人もいます。その原因は加齢にあると思われがちです。

たしかに加齢も要因のひとつではありますが、加齢よりも生活習慣の影響の方が
多いと言われています。特に過度の飲酒や喫煙をしてきた人などは、注意が必要です。

EDは勃起因子といわれる一酸化窒素が不足することで起こると言われています。
そんな一酸化窒素を増やしてくれる栄養素があります。

それは「アルギニン」というアミノ酸です。
アルギニンは準必須アミノ酸といわれ、体内で生成される量だけでは必要量に
満たないので、食事などで外部から摂取する必要がある栄養素です。

しかし、生活習慣が乱れていると、特に食生活の栄養のバランスが偏っていると
この栄養素が不足がちになります。

そうすると上記のような一酸化窒素が不足しEDになる可能性が高くなるのです。

アルギニンにはその他にも男性ホルモンの分泌を促す作用があります。
男性ホルモンは精力増強や、免疫力を高めてくれる効果もある、非常に
重要な成分なのです。

copyright(C)勃起不全は避けられない