ED(勃起障害)の始まり

勃起不全は避けられない

ED(勃起障害)の始まり

勃起不全は今や中高年の男性だけがかかる症状ではありません。

最近は若い男性のなかにもEDの人が増えているのです。
若い人に増えている要因は精神的なストレスが原因です。

EDとは勃起不全と呼ばれ、正常な勃起をすることが困難になります。
それゆえ、満足な性行為ができない状態と定義されていたりします。

若い人に多いのが精神的な問題で、中高年に多いのが器質性の問題です。

勃起をする際には、リラックス時に働く副交感神経が働きます。
しかし、極度のストレス状態の時は、緊張時に働く交感神経が働くのです。

交感神経が働くと血管が収縮してしまうので、勃起に必要な血流を陰茎に
流し込むのが困難になります。

これがEDになる理由です。

また中高年に多いのが加齢や長年の生活習慣による動脈硬化などの血管障害が
原因です。勃起をするには血流を流し込む必要があるので、血管を拡張させる
必要があるのですが、動脈硬化などになると、血管が硬くなり、血管の弾力性が
失われるので拡張することができません。

なので正常な勃起ができなくなるのです。

このようにEDになる原因は大きくふたつの要因から起こるのです。

精神的なストレスは若い人でも受ける可能性があるので、若い人に増加しているのです。

copyright(C)勃起不全は避けられない