EDに対するバイアグラの作用

勃起不全は避けられない

EDに対するバイアグラの作用

ED治療の際、今では当たり前のように使用されるED治療薬ですが、一番最初に経口タイプのED治療薬として登場したのはバイアグラです。

日本での使用が認められたのが1999年ですので、バイアグラの販売が開始されてから10年以上が経過していることになります。

したがって、バイアグラはED治療薬のはしりとして知られてますよね。

当時"夢の新薬"などとうたわれ、とても話題になりました。

その影響もあり現在でも世界でも知名度が高く、信頼度も高い治療薬とされていますし、今でもED治療薬の代名詞としてよく名前が挙げられます。

では、バイアグラはどのようにEDに効果を現しているのでしょうか?

現在、ED治療薬にはバイアグラを含む、レビトラやシアリスがありますが、それぞれ主成分が違うため体に与える影響は異なりますが、基本的な作用はどれも同じなのです。

勃起には陰茎に十分な血流を必要とします。

しかし、勃起の命令が出るとそれと同時に勃起を収めようとする物質も分泌されるのです。

その勃起を収めようとする物質をブロックして、陰茎部への血流をスムーズにするという役割をED治療薬は担っているのです。

その結果十分に血流が行き渡るため勃起状態を保つという流れなのです。

バイアグラの登場でED治療の成果は格段に上がったと言われています。
copyright(C)勃起不全は避けられない