更年期障害とED(勃起障害)

勃起不全は避けられない

更年期障害とED(勃起障害)

最近は知っている人も増えてきましたが、更年期障害は男性にもあるのです。

ちょっと前まで更年期障害は女性だけに起こるものだと思われていました。
しかし、それは間違いだったのです。男性にも更年期障害があり、40代から50代の
男性に多く見られると言われています。

女性は閉経などの見て分かる特徴があるので、更年期はわかりやすいのですが
男性には見た目でわかる変化がありません。

それゆえに男性にはないと思われていたのです。

男性更年期障害の原因は男性ホルモンの減少だと言われています。
男性ホルモンが減少すると、精力が落ちたり、ネガティブになったりすると
言われています。ひどい人になると「うつ病」になる人もいるのです。

また更年期障害とEDにも関係があります。先述したように男性ホルモンが減少すると
精力が衰えます。またうつ病などの精神的ストレス状態になると、緊張時に
働く貢献神経が働きます。

慢性的なストレス状態の場合、この交感神経がずっと働いている状態になります。

このような交感神経が働いていると、血管が収縮してしまうので、血流を陰茎に
ある海綿体に流し込めなくなり、正常な勃起ができなくなるのです。

このように更年期障害はうつ病やEDの原因にもなりえるのです。

copyright(C)勃起不全は避けられない